HOME > 製品情報 > シロアリ・防虫・防腐剤 > 水性キシラモン3W

水性キシラモン3W

水性キシラモン3W

水性キシラモン3Wの特徴

  • 施工中、施工後もほとんど臭わない低臭性
  • 忌避性がなく、シロアリ防除に効果的
  • 有効成分は普通物、優れた安全性と効力持続性を発揮
適用・効果
木部の防腐、及び木材害虫(シロアリ、ヒラタキクイムシ)の予防、駆除

性状

組成 クロチアニジン(0.6%)、プロピコナゾール(3.0%)、IPBC(3.0%)
(毒物及び劇物取締法の適用を受けない普通物)
形状 淡黄色油性成分
クリヤー(無着色)
容量 4L×4缶
比重 1.00(20゜C)
引火点 107℃
認定機関
(社)日本しろあり対策協会認定薬剤
(社)日本木材保存協会認定薬剤
(財)文化財虫菌害研究所認定薬剤

使用方法

対象 木材含水率 処理方法 標準使用量 容量希釈法
木材 乾燥した木材
※針葉樹25%以下
※広葉樹20%以下
ハケ塗り、吹付け、浸漬(3~30分) 4~5m2/L
(0.2~0.25L/m2)
本剤1L
水   2L

使用上の注意

  • 水で3倍希釈し、木材の全面に、均一に標準使用量の薬剤が付着するよう塗付、または浸漬して下さい。
  • 使用中も時々かき混ぜて、希釈液は均質に保ってください。
  • 希釈液はその日のうちに使いきってください。
  • 吹き付け処理は防蟻工事を専門として作業する人以外はしないで下さい。
  • 木材の最終加工を行った段階で薬剤処理をして下さい。
  • 処理材に塗装することは避けて下さい。
  • 処理材にクッションフロア、壁紙(ビニールシート)を直接貼ることはしないで下さい。
  • 布基礎、束石、モルタル、リシン等の内外装材を黄変させることがありますので注意して下さい。
    ただし、布基礎、束石等コンクリート部分にかかっても強度を変化させることはありません。
  • 処理後の乾燥時間は気温や湿度、木材含水率で長くなることがあります。