HOME > 製品情報 > 木部専用塗料 > クレオソート

クレオソート

クレオソート油R

使用方法 塗布、浸漬、加圧注入等
用途 各種木杭、木柵、板塀、支柱、木棚、街路樹の添木、控木、木製看板、木橋、木道、ウッドブロック、枕木等

規制法適合

クレオソート油Rは、家庭用品規制法に対応して、発ガンの恐れがあると言われている3物質を規制値(各10ppm)以下まで除去してあります。

家庭用品規制法は、国民の健康保護を目的に、有害物質を含有する家庭用品を規制する法律です。
この法律では家庭用のクレオソート油に含まれるベンゾ[a]ピレン、ベンゾ[a]アントラセン、ジベンゾ[a,h]アントラセンの含有量を各10ppm以下に規制しています。
クレオソート油Rは、この規制に対応して3物質を大幅に除去した製品で、実際の含有量は1ppm以下で推移しています。規制値10ppmは、10万分の1の発ガン率に相当する量です。
我が国の大気環境基準も、同様の10万分の1の発ガン率を基準に、化学物質の濃度を設定しています。
クレオソート油Rは、人間が呼吸する空気と同じ厳しい基準を満たし、更に実際の製品は、その基準を大幅に下回る水準を維持しています。

防腐性能

JIS、(社)日本木材保存協会の防腐性能基準に適合しています。
クレオソート油処理木材(加圧注入)の耐用年数は28年以上です。

クレオソート油Rは、試験の結果、JIS K 1571の性能基準、(社)日本木材保存協会の性能基準に適合した、優れた防腐性能が確認されています。
従来のクレオソート油は、木材防腐性能に優れ、野外杭試験から求めた防腐処理木材(加圧注入)の耐用年数によると、28年間以上と報告されています。
クレオソート油Rは、従来のクレオソート油との比較室内試験により同等の性能が確認されています

規格

JIS、JAS、AQに規定される製品です。

クレオソート油RはJIS K 1570(木材保存剤)、JIS K 2439(クレオソート油・加工タール・タールピッチ)の品質基準に適合した製品です。
同様に、JIS A9104 (加圧式保存処理木まくらぎ)、JAS (製材、枠組壁工法構造用製材)、AQ(屋外製品部材、車両用木製防護柵部材)の指定薬剤としても規定されています。